Shop List

総合TOP 店舗一覧 常滑店 岡山・倉敷~桃の旅?!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2019.09.05

<国内>トラベルレポート

岡山・倉敷~桃の旅?!

スタッフ 鳥山

スタッフ鳥山

こんにちは!
暑さも少し和らいで、過ごしやすくなってきましたね♪
先日、1泊2日で岡山へ行ってきましたので、そのご紹介をしようと思います!
 

岡山と聞いて、
桃太郎・・・吉備団子・・・他に何があるの?
とお思いの方もいらっしゃると思いますが(岡山県民の方に失礼?!笑)、
グルメに観光に、見所満載なんですよ!!

アクセスをご案内しますsmiley

名古屋から岡山まで新幹線のぞみで約1時間40分
東京まで行くのと同じ時間です!

今回は岡山駅でレンタカーを借りて、倉敷美観地区へ。
岡山駅から倉敷まで約40分。
今回は荷物が多くなりそうだったのでレンタカーにしましたが、
電車だと約20分なので、電車の旅も良いですよね♪

まずは、絶対行きたいと思っていた、行列必至のパフェのお店「くらしき桃子(ももこ)」へ!
10時オープンで、10:30頃着きましたが、既に1時間以上待ち・・・
テーマパークのアトラクション並みです。笑

このお店は、美観地区に3店舗あるのですが、それぞれのお店で扱っているパフェの種類が違います。
私は総本店へ行きましたが、メニューを確認してから行くことをおすすめします!


 

せっかくなので、スペシャルパフェを頼んでしまいました!笑
通常の桃パフェとサイズが全然違います・・・!!
岡山県産の桃、ぶどう(シャインマスカットもheart)、メロン・・・とフルーツが盛りだくさんblush
(この裏側にぶどうがあります)
桃も、種類が違うものが下の方にたくさん入っていて、桃欲が満たされました。。笑
岡山は、言わずと知れたフルーツ王国で、他のお店でもいろいろなパフェがあるようなので、
食べ比べも楽しそうです!

パフェを堪能した後は美観地区をぶらりと散策。
昔ながらの風情ある街並みは、ゆったりと散策できます。

そんな倉敷は、マスキングテープや日本デニム発祥の地だってご存知でしたか??
 

元々、工事用の養生テープとして使われていたマスキングテープですが、
今では可愛くておしゃれなものがたくさんありますよね♪

倉敷でおすすめなのは、マスキングテープ専門店「如竹堂」。
なんと、無料で何種類ものマスキングテープ使い放題で、マイ紙袋が作れちゃうんです!
曜日限定で缶バッチや季節限定でうちわも選択できましたよwink
(作成は一人1つ、時間制限あり)

また、倉敷デニムストリートは、倉敷の児島地区のデニムを使った商品を販売しており、
決して広くはない路地ですが、インスタ映えしそうなフォトスポットなどもあり、観光客などで賑わっていました!

デニムにちなんだ青い肉まん「デニムまん」や「デニムソフトクリーム」など、青い軽食も売られており、せっかくなので記念に食べてみてはいかがでしょう?笑

美観地区から少し足を伸ばして、デニムの聖地、児島ジーンズストリートへも行ってきました!
(車で30分くらいです)

倉敷デニムストリートとは異なり、商店街のような感じで、各ブランドごとにお店を構えているので、
個人店を巡るような感覚です。
こちらもインスタ映えしそうなオブジェがlaugh

倉敷で1泊し、次の日は桃やぶどうの産地で有名な赤磐市へ☆
倉敷から車で約1時間。
桃狩りしてまいりました!!
昨日も桃、今日も桃!と、桃三昧の旅行です。笑

やはり桃は人気のフルーツなので、桃狩りは既に満員というところが多かったです。
シーズンはもう終わってしまいますが、もし来年計画されるようであれば、早めの予約をおすすめします!

お昼は、赤磐市から約1時間、日生市まで足を伸ばし、名物「カキおこ」を堪能してきました。

皆さんは、「カキおこ」、ご存知ですか??
テレビでも取り上げられているので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
牡蠣がたっぷり入っているお好み焼きです!(その名の通りです。笑)

日生市では牡蠣の養殖が盛んで、シーズンはやはり冬なんですが、夏は冷凍の牡蠣を使用しています。
それでもぷりっぷりで美味しい牡蠣でしたよ♪

 

カキおこのお店が連なっていることから、カキおこロードと呼ばれている地区があるので、
桃パフェと同じように、いろいろなお店のカキおこをシェアしながら食べ比べてみるのも良いかもしれませんね!
 

最後に、岡山市内観光をしてきました!

見た目の黒さから、別名「烏城」と呼ばれている岡山城、日本三大名園のひとつ、後楽園へ行ってきました。

後楽園で楽しみにしていた、「流店(りゅうてん)」という建物があるのですが、
元々、藩主や賓客が訪れてきたときに休憩所として使われていた開放的な小屋で、
建物の中を水路が流れています。
ここに足を浸し、「足湯」ならぬ、「足水」ができると聞いていたのですが・・・

残念ながら現在は「足を浸けないでください」と注意書きが・・・crying

とても残念でしたが、小屋に上がることはできたので、ゆっくり座り、涼むことができました。

そして、新幹線の時間まで少し時間があったので、桃太郎のモデルとなった人物を祀る吉備津彦神社へ。

とても静かな神社で、厳かな雰囲気が漂っていました。

ここで、桃みくじというおみくじがあり、旅の最後に引いてみると・・・

なんと大吉!!

旅の最後に、とても良い締めくくりができました。笑

今まで、岡山と聞いてもあまり観光にピンと来なかったのが正直な所ですが、
今回行ってみて、グルメも観光もとても魅力的な所だなと実感できました!

皆様も、ぜひ岡山へ行ってみてください♪
旅のご相談お待ちしております!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
スタッフ 鳥山

Writer - この記事を書いた人

スタッフ鳥山

CLOSE X

株式会社シティツアーズ(CITY TOURS) Travel Market Place

CLOSE X