Shop List

総合TOP 店舗一覧 岡崎店 幻の魚「イトウ」をもとめて

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2019.10.09

<国内>トラベルレポート

幻の魚「イトウ」をもとめて

店長 村田

店長村田

岡崎店の村田です。
北海道のイトウという魚をご存知ですか?
サケ科の魚で、1~1.5メートルまで成長する日本最大の淡水魚です。
以前、釣りバカ日誌という映画で、西田敏行さん演ずるハマちゃんが北海道
に行った時、地元の釣りの案内人に「イトウを釣ってみたい」といってその案内人を
激怒させるシーンがありましたが、それほどまでに貴重な魚なのです。
絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されていて、幻の魚とも言われています。
なぜ減少してしまったかというと、まず、環境の変化です。北海道は蛇行する川
が多いのですがそういったところを好むのに河川改修が行なわれてまっすぐに
なってしまったこと、またダムが出来たことで上流に遡上できずに産卵に適した
ところまでたどり着けなくなってしまったことなどが原因だそうです。
また成長が遅いなどの生物的特徴も減少の一因となっているようです。
意外なことにこの幻の魚を見ることができる水族館が北海道に2つあります。
そのうちのひとつ、北見市にある「北の大地水族館(山の水族館)」へ行って来ました。
北海道の川辺の魚やおんねゆ温泉の温泉水を使った熱帯魚など見るものも
多いですが、やはりメインは1メートル級の「イトウ」です。まだまだ大きくなるようですが
1メートルでも充分な見ごたえでした。
なかなか見られる魚ではありませんので、非常に感動しました。
釣り好きの方、魚好きの方一回見てみてください。
 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
店長 村田

Writer - この記事を書いた人

店長村田

CLOSE X

株式会社シティツアーズ(CITY TOURS) Travel Market Place

CLOSE X