Shop List

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2020.11.16

<国内>トラベルレポート

山陰地方への旅

スタッフ 大竹

スタッフ大竹

こんにちわ。今回は日本で1.2番に人口の少ない県「鳥取・島根」へ旅をしてきました。
山陰地方は、山の陰に隠れて山陽地方より暗いなどイメ-ジがあるようですが
魅力たっぷりな方面です。
京都から城崎温泉まわり、途中 鉄道スポット餘部(あまるべ)をとおり、
鳥取→出雲 そして、日本で唯一定期運行 寝台列車「サンライズ号」へ乗車。
東京着後新幹線で名古屋へという旅をしてきました。

寝台特急は次回ご紹介しますsmiley

まずは、日本一長い路線 山陰本線の駅「餘部駅」へ行ってきました。(兵庫県です)
旧余部鉄橋は、明治45年1月に完成した東洋随一の鋼トレッスル橋で、我が国有数の橋梁として珍しい観光地であり、現在は「空の駅あまるべ」として 旧鉄橋を歩くや線路を歩く、平成29年に完成した クリスタルタワ-(エレベーター)に乗り
地上と高さ40mほどのデッキから眺める日本海は絶景ポイントです☆

地上には「道の駅 あまるべ」もあるので、車でも行けます☆

列車は1時間に1本程ですが
個人的には列車がオススメです!

 

次に、観光可能な砂丘としては日本最大級の「鳥取砂丘」と「砂の美術館」へ行ってきました。

砂丘といえば 四季に応じて、また昼夜で、砂丘は刻々とその姿を変えてゆきます。豊かな表情をみせるのか魅力☆もちろんラクダに乗る体験も出来ますsmiley

ですが、今回はあまり観光客が行かない地元のかたのおすすめポイントからの砂丘を見たので写真で紹介します☆

もちろん、ほとんどの方が行かないので、繁忙時期でも「足跡はほぼありません」
※立ち入り禁止ではない場所です(笑)
 
今の時代、密を避けて観光するには最高のポイントです(笑)
貸切状態で砂丘を楽しむ贅沢な場所☆



 

こちらは、なんの畑かわかりますか?

らっきょうの畑です。まだ花が咲く前の状態です。

砂丘からすぐ近くの距離にある、福部町の「らっきょう畑」。秋になると赤紫色の絨毯を敷いたような美しい花を咲かせることから、旅行会社や、全国の旅情報誌などでもよく取り上げられることが増えてきました。ですが、農地が広大過ぎるせいか、なかなか詳細な見どころスポットまでは載っていないんです。

らっきょうの花は毎年10月下旬の頃1年に1回かつ、とても短期間に満開になる珍しい花です。地元の方でも綺麗に咲く時期はあまり見れないので、
今回も見れなかったですが、いつかは見て一度は行ってみたいスポットです☆
 

「砂の美術館」は一見の価値あります☆

海外旅行へ行けない時代に、海外に行った気分を味わえるポイントです

毎年テーマごとに作品がかわり「砂で世界旅行」が出来ます。

2022年1月3日まではチェコスロバキア編です。

ここは、パンフレットで見るよりも迫力があり圧倒される観光地です。






 

観光ガイドにのっていない穴場ポイントの行くのがとても好きです。
ぜひという方は、旅行相談 お待ちしてます☆


次回は、島根県の魅力と寝台特急を紹介したいと思います☆。

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
スタッフ 大竹

Writer - この記事を書いた人

スタッフ大竹

CLOSE X

株式会社シティツアーズ(CITY TOURS) Travel Market Place

CLOSE X